第21回研究集会の開催のご案内(2018年6月10日)

2017年度研究推進の一環として、教育実践研究をテーマとした第21回研究集会を、2018年6月10日(日)、大阪教育大学天王寺キャンパスにて開催することとなりましたので、ご案内申し上げます。会の詳細は以下の通りです。みなさまのご参集をお待ちしております。

案内チラシ:第21回研究集会案内チラシ

日本教育方法学会第21回研究集会

 教育実践研究におけるデータとは何か
        -データの収集と考察の現在-

 教育方法学にとって、授業実践や教育実践という総合的営みのどこに焦点を合わせて、いかなるデータをとるかは研究の成否を分ける基本問題です。臨床的な研究にとって、研究課題の設定とそれにふさわしい実践データの収集と分析は、基礎的作業です。地道な作業ですが、この分野にも理論研究からの影響であったり、データ収集の新たなアプローチが試みられたりするようになってきております。
 そこで、意欲的に研究データの開発とアプローチの革新を試みている会員に報告をお願いし、それぞれのアプローチを交流・検討することを通じて、教育方法学研究の新たな前進や実践の従来の見方の革新につながることを期待してこの研究集会を企画いたしました。このことを通じてベテランにとっても若手にとっても研究データを取り扱う作法を振り返る契機にしたいと考えました。多くの会員の参加を期待いたしております。

日時:2018年6月10日(日)13:30~16:30(受付:13:00~)

場所:大阪教育大学天王寺キャンパス 西館1階第一講義室

司会者:池野範男(日本体育大学) 西岡加名恵(京都大学)

提案者:
坂本將暢(名古屋大学)
「工学的アプローチによる教育実践データの分析と意義」
中坪史典(広島大学)
「映像や写真を介して教師(保育者)の多声的な語りを収集する:文化を反映する教育(保育)実践を描き出す試み」
八田幸恵(大阪教育大学)
「生徒のノート・作品・成果物を公刊し授業研究への多様な人々の参加を促す:教室における目標と評価の豊穣化のために」