第56回大会について

Ⅰ.大会の期日・場所・参加費

  1. 期日   2020年10月10日(土)・11日(日)
  2. 場所   宮崎大学 木花キャンパス
  3. 参加費  一般会員4,000円 学生会員3,000円(発表要旨集録代含)
    ※ 会員以外の方も「当日会員」として上記の参加費でご参加いただけます。

Ⅱ.日程

 Ⅲ.自由研究発表

  1. 発表申込要領
    1. オンラインでの申し込みを受け付けております。
      【自由研究の申込は終了しました。ご応募ありがとうございました。】
    2. 申込締切は、6月30日(火)【必着】です。
    3. 発表者(共同研究者も含む)は、本学会会員(6月30日時点)に限ります。
    4. 発表件数について、「1人1発表を原則とする」ことが常任理事会で確認されています。
    5. 後日の発表取消、題目変更はお避けください。
      ※発表に必要な器具・装置については、「発表申込用紙」に具体的にお書きください。ただし、大会校の都合で準備できない場合がございますので、その際はご容赦ください。
      ※資料は、発表者各自が70部程度準備してください。ただし、資料が不足した場合でも、大会校および事務局では追加印刷できません。ご了承ください。

2.発表時間

  1. 個人発表 発表20分 質疑10分
  2. 共同研究 発表30分 質疑10分
    (ただし、発表者1名の場合は、個人研究に準じます。)
  3. 発表要旨原稿の提出
    発表申込者は、『発表要旨集録』に掲載する原稿を、8月7日(金)【必着】までに学会事務局あてに郵送してください。今年度より、発表要旨は2頁となりました。詳しくは会報85号をご覧ください。期日に遅れた場合は空白となります。原稿の執筆要領は、申込締切の6月30日以降にお送りいたしますが、以下にお送りする予定の様式を掲載いたします。
     →自由研究発表「発表要旨」原稿執筆要領(PDFデータ)
     →自由研究発表「発表要旨」原稿見本(Word)

Ⅳ.シンポジウム

シンポジウム・各課題研究の設定趣旨・コーディネーター・司会者・登壇者等の一覧はこちら:第56回大会シンポジウム・課題研究一覧

テーマ 危機的状況によって問われる授業と学力
コーディネーター
   柴田 好章(名古屋大学)
   田上  哲(九州大学)
司会者
   田上  哲(九州大学)
提案者
   柴田 好章(名古屋大学)
   芦谷 浩一(元・福岡県直方市立上頓野小学校)
   安彦 忠彦(神奈川大学)

Ⅴ.課題研究

  • 課題研究Ⅰ子どもの当事者性から学びと育ちを問う
  • 課題研究Ⅱ授業のオンライン化は子どもの学びをどう変えるのか
  • 課題研究Ⅲ小規模校から「共に学ぶ」ことの意味を問い直す
  • 課題研究Ⅳ教育方法学の教育方法学を、教育方法学者としてどのように考え、実践するか

Ⅵ.ラウンドテーブル・ワークショップの募集

【RT・WSの募集は6月30日(火)にて終了いたしました。ご応募ありがとうございました。】

Ⅶ.プログラムの発送・『発表要旨集録』について

  1. プログラムは8月下旬にお送りいたします。
  2. 『発表要旨集録』は、大会当日、受付でお渡しいたします。なお、大会に来られない方で購入を希望される方は、大会終了後、学会事務局までご連絡ください。

Ⅷ.交通手段のご案内

大学までの詳しいアクセス方法につきましては、宮崎大学HPをご参照ください。→木花キャンパスへのアクセス・キャンパス内マップはこちら