第56回大会について

第二回常任理事会(7月18日開催)において、第56回大会(宮崎大学大会)は、オンラインにて開催することが決定されました。

<オンライン開催に係る情報について>

最終更新日:9月1日(火)

●大会参加・申込方法

1.大会プログラムをご覧ください
9月1日付けで会員の皆様にプログラムを送付いたしました。こちらにてもプログラムをご覧いただけます。

2.オンラインフォームで参加申込をしてください
9月1日から9月30日まで、こちらにて参加申し込みを受け付けております。

3.参加費を支払いください
9月30日までに、参加費をお支払いください。詳細は上記申込フォームのページに記載しております。

4.大会参加のためのZoom URL・発表資料取得のページをご案内します
参加申込みを頂いた方に、10月5日(月)以降に発表要旨と「オンライン会場」(現在非公開)の入場パスワードをお知らせします。

5.大会当日「オンライン会場」より各部会にご参加下さい
10月10日・11日に「オンライン会場」に置かれた各部会ZoomURLと発表資料を取得いただけます。それぞれの時刻に各URLをクリックしてご参加ください。

●注意事項

1.本大会は会員のみご参加いただくことができます
非会員の方は9月30日までにご入会(こちらからお手続きできます)をお済ませください。余裕を持ってのお申込みをよろしくお願いいたします。

2.「オンライン会場」のURL・パスワードは流出させないでください

 

<大会の基本情報>

Ⅰ.大会の期日・場所・参加費

  1. 期日   2020年10月10日(土)・11日(日)
  2. 場所   全プログラムのオンライン開催となります。
  3. 参加費  一般会員4,000円 学生会員3,000円(発表要旨集録代含)
    ※ 会員以外の方も「当日会員」として上記の参加費でご参加いただけます。

 Ⅱ.自由研究発表

1.発表申込要領

    1. オンラインでの申し込みを受け付けております。
      【自由研究の申込は終了しました。ご応募ありがとうございました。】
    2. 申込締切は、6月30日(火)【必着】です。
    3. 発表者(共同研究者も含む)は、本学会会員(6月30日時点)に限ります。
    4. 発表件数について、「1人1発表を原則とする」ことが常任理事会で確認されています。
    5. 後日の発表取消、題目変更はお避けください。

2.発表時間

   個人発表 発表20分 質疑10分
   共同研究 発表30分 質疑10分
    (ただし、発表者1名の場合は、個人研究に準じます。)

Ⅲ.シンポジウム

シンポジウム・各課題研究の設定趣旨・コーディネーター・司会者・登壇者等の一覧はこちら:第56回大会シンポジウム・課題研究一覧

テーマ 危機的状況によって問われる授業と学力
コーディネーター
   柴田 好章(名古屋大学)
   田上  哲(九州大学)
司会者
   田上  哲(九州大学)
提案者
   柴田 好章(名古屋大学)
   芦谷 浩一(元・福岡県直方市立上頓野小学校)
   安彦 忠彦(神奈川大学)

Ⅳ.課題研究

  • 課題研究Ⅰ子どもの当事者性から学びと育ちを問う
  • 課題研究Ⅱ授業のオンライン化は子どもの学びをどう変えるのか
  • 課題研究Ⅲ小規模校から「共に学ぶ」ことの意味を問い直す
  • 課題研究Ⅳ教育方法学の教育方法学を、教育方法学者としてどのように考え、実践するか

Ⅴ.ラウンドテーブル・ワークショップ

【RT・WSの募集は6月30日(火)にて終了いたしました。ご応募ありがとうございました。】

Ⅶ.プログラムの発送・『発表要旨集録』について

  1. プログラムは9月1日付で発送いたします。
  2. 同プログラムの発送と同時に、オンライン開催に向けた事前申込の受付を開始いたします。
  3. 『発表要旨集録』は、お申込みいただいた方に10月5日以降、郵送にてお送りします。
  4. 大会にご参加されない方で購入を希望される方は、大会終了後、学会事務局までご連絡ください。